防具を選ぶ

剣道の防具の布団の刺し方には、主に手刺しとミシン刺しというものがあります。
ミシン刺しは、電動ミシンで布団を塗っていきます。ミシンの性能によって、その商品の良さが決まってきます。
刺し幅の2mm・4mm・5mmで値段が変わってきます。刺し幅が細かくなると、布団が厚く、固くなる傾向があります。
しなやかさが足りないように感じることもありますが、打たれても痛くないという長所もあります。
ミシン刺しは値段も安価で、普段の稽古用や試合に使うことが出来ます。
手刺しは、職人さんが手で縫った防具のことです。柔らかな感触としなやかさが特徴です。
手刺しは使えば使うほど、その人に馴染んでいきます。
手刺しは体型等に合わせてオーダーを行うこともできます。
剣道を始めるに辺り、最初はミシン刺しを使用し、あとで手刺しを使うようになる方もいるようです。

面や胴は剣道の防具に欠かせないものです。
小学校低学年の子が剣道の防具の面を使用する場合、面は手ぬぐいを着けた状態から面をかぶり、少々隙間があるものでもいいでしょう。
なお、ここに面座布団を入れることで、打たれた時の痛み防止になります。
成長していくにつれて、座布団をいれるのがきつい場合は、座布団をとって使用します。
なるべく軽めのものを選ぶと、首に負担なく使用することができます。
胴は、竹胴と樹脂胴があります。
竹の胴は、竹が胴の部分に50本程度入っているので、打たれてもそこまで痛くありません。
なお、樹脂胴は、丈夫で非常に軽いのが特徴です。

小手は、あまり大きすぎないものを選ぶことが大切です。
手を入れた状態で、竹刀を握るように握ってみて、握りにくいのでなければ大丈夫です。
小手は手のこぶしの部分に、鹿の毛が入っています。
少し厚めのものを選んだほうが、手を打たれても痛みが起きにくいようです。
剣道をするにあたり、小手は一番痛みが激しいものです。
防具は金銭的に余裕があれば、2組持っていると安心です。